点で見ず 線で見る

 気づけば惰性で日々が流されるのです。

2008年6月~2010年3月まで616日間かけて地球一周した時の画像です。今思うに画像に字幕入れておけば良かった。。。画像は横方向にスライドします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOPについて その2

今回はBOPの衛生用品に話を絞って書いていこうと思う。というか、現場の紹介みたいな感じになるかな。いわばマーケティング担当者向けのBOPの現場のご紹介記事。

さて、下記の画像はインド、バングラデシュで撮影した小売風景である。


091230_BOP5 091230_BOP6
091230_BOP12 091230_BOP7
左上:コルカタ / 右上:マドライ / 左下:バンガロール / 右下:ダッカ(バングラデシュ)


インド全土の小売店の店頭にはこんな感じで小量パックが吊り下げて売られている。この他にネパールでもこのような店頭を見る機会が多かった。


続いて、モロッコ、ペルーの画像。

091230_BOP10 091230_BOP8
左:カサブランカ(モロッコ)の住宅地の小売店 / 右:クスコ(ペルー)の市場にある一店舗

インドほどではないにしてもアフリカ、南米においても低所得者層向けの小量パックが販売されている。ただし、インド、バングラデシュほどの普及度は感じられなかった。価格帯にしてもBOP層向けとは違うようであった。(アフリカ、南米で歩いている場所が都市部偏重のきらいはあるので農村部などにいくと状況は違うのかもしれない)


もう少し画像を並べていく。

とある店で販売されている小量商品全種をひとつずつ買い込んでみた。ちょっとした大人買いの気分。とはいえ、これだけ買っても支払った金額は200円前後。


091230_BOP16 091230_BOP15


で、整列させてみるとこんな感じ(画像右)。多種多様の小量パックが販売されているのがお分かりいただけるだろう。(とはいっても、実はこの半分ほどは噛みタバコやお菓子類だったりする。)


で、そこから衛生用品類を抜き出してみた。

091230_BOP13 091230_BOP14
左:シャンプーなど / 右:衣類洗剤類

(1ルピー ≒ 約2円)
シャンプーは1ルピーから3ルピーまで。コルゲートの歯磨き粉20gが5ルピー(約10円)ってーのは恐れ入った。ホントに利益出るのかよ。これで。

右側の洗剤も1ルピーから2ルピー。画像左上の四角いのは洗濯用石鹸。6ルピー。なかなか高性能で使い勝手も良く、インド、南アジア滞在中は愛用させてもらった。

以下あくまで参考まで。これらの商品、例えば洗剤は洗濯機向けと手洗い向けで商品スペックを若干変更してあるとかいう噂を聞いたことがあるが本当かな。私的にはブランドそのままで市場を混乱させるような仕様変更するとは考えにくいけどな。


さて、次にこれらBOPの市場規模と価格帯について少々述べたい。ここからが本題。


と思ったけど明日早いし、他に年末の諸事がたまっているので来年につづく。(で、いつも書こう書こうと思いつつ風化する。。。いや、来年こそは!)

Comment

2010.01.05 Tue 18:22  はじめて聞いたBOP

ビジネスとしてそういうものがあったんだ、という感じです。
貧困層が貧困ではなくなったときに貧しかったときに使っていた(子供時から使っていた)【同じ】商品を「大袋で購入する」という「マクドナルド戦略(こういう名前ではないね。。。)」は含まれてはいないのだろうか、と思いました。

CSRという企業の姿勢からもこういう商品を販売するのはメリットがあるでは?(単価が安すぎて営利目的ではなさそうなので、とはいえここまでの考えはないかな。。。)

本題に期待してます!(これで書かずにはいられんだろう)
  • #-
  • かげりん
  • URL
  • Edit

2010.01.08 Fri 12:03  Re:

> かげりん

少しでもBOPに興味を持っていただけたなら幸いです。
おっしゃる通り、小さい頃から使っていたものを大きくなっても使う。といった考えは財やサービスを提供する企業の根底にある考えだと思います。
ただ、マクドナルドの場合、彼らの提供するサービスがBOPの生活を豊かにして行くのか。という視点からは若干BOPビジネスとは違う気もしています。

とりあえず続き(本題)は、また書くわ。いずれ。たぶん。きっと。うん。
応援(プレッシャー)ありがとう!







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kim8.blog15.fc2.com/tb.php/1062-4043591e

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

お知らせ&ひとり言(twitterより)

 

Profile

kimoto

Author:kimoto

1973年生まれ

友人曰く、曲がりくねりながらに全力疾走しているような生き方だそうです。

最近の記事

カテゴリー

月別の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

リンク追加

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。