FC2ブログ

点で見ず 線で見る

 気づけば惰性で日々が流されるのです。

2008年6月~2010年3月まで616日間かけて地球一周した時の画像です。今思うに画像に字幕入れておけば良かった。。。画像は横方向にスライドします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴があるから入りたい。

画像。南米チリ産アワビ



ややヤケ気味です。ごめんなさい。



チリ北部カラマにて書いている。


カラマは人口15万人弱。砂漠地帯かつ標高2700mの高地にあるオアシスの町である。もっとも、ただオアシスがあるだけで砂漠の真ん中の町が人口が20万人も養えるわけもない。このカラマから約20kmのところに世界の銅の約10%を産出するチュキカマタの銅山が存在するのである。そのためここカラマは鉱山都市として栄えている次第である。


閑話休題。ちょっとうんちく。銅はこのままだと2040年に枯渇すると言われている資源であったりする。おそらく石油よりも先になくなるのは銅の可能性が高い。昭和20年代から使われている10円玉であるが、将来違う素材で作られるようになるかもね。(というか、銅高の将来を見越して10円玉今からため込んでおくとか?いや、それなら商品先物で銅買っとけ。ってことか。この点で思うことを、おまけを追記部分に書いておく。)


話がそれた。というわけで、この辺境の町カラマまで来た目的は銅の露天掘り世界第2位の規模を持つチュキカマタ銅山の見学である!

というわけで本日(あ、既に昨日か)、乗り合いタクシーを利用して銅山に行ってみた!

遥か向こうに見える鉱山っぽい風景、高まる期待!!!

そして到着!



タクシーの運転手にここで見学用のバスに乗り換え。と降ろされる。


しかしながら妙に静かな雰囲気。。。


そして、戸惑っていると銅山の管理者と思われるオジサマがピックアップトラックでやって来た。そしてチリ人にしては珍しいくらいの流暢な英語で話し出す。


「今、労働者の大規模ストライキ中。本社も占拠された。
申し訳ないけど今日の見学は無理。帰って。



え???



_| ̄|○、;'.・ ゲフォォ...



はるばる何しに来たんだ自分。

管理者サイドのオジサンが忙しいのもわかるが、身勝手ながらちょっとだけでも。と頼み込んでみたがやはり無理なものは無理とのこと。

地球の反対側から来た哀れな旅人に同情して下さったのか、親切にもその方自らの運転で町中まで送り届けて下さった。で、その車中で説明して下さったのだが、今度の日曜に大きな選挙があり、その影響もあって、労働者側がえらい騒ぎまくっているそうな。実際のところ、この銅山でストライキは頻発しているが、大体は1日。長くても2日で終わっている。しかしながら、今回は既に5日間が経過し過去例を見ない長さとのこと。彼自身、出口が全く見えないとのこと。。。


というわけで、今日は全くの空振り。祝日で予定が延びた上でのこのストは痛い。



というわけで、実物見れなかったのでせめてGoogle earth にてご報告。

たかが銅山。と思われるかもしれないがこちらをご覧あれ。。。


多分、想像を超えるから。




まずこれが先月訪れた世界最大級のサッカースタジアム、ブラジルのマラカナンである。収容観客数20万人(現在は危険防止のため約10万人に制限)の風景。さすがにでかい。訪れてみた感想は東京ドームより数回りもデカイ感じだった(東京ドームは満員で5万5千人)。

Brazil Rio de Janeiro, Nov 2009


で、その世界最大級のスタジアム、巨大なるマラカナンを空から見たらこんな感じ。



中央に見える白い円形部分がマラカナンスタジアム。


で、次にこれが本日、ふもとまで行っておきながら入れなかったチュキカマタ銅山の映像。(縮尺は同じになるよう揃えてある。)



生アワビ くどくてゴメン。

4km x 3km 深さ 1km弱である。 ちょっと想像できない大きさだわな。ね。あらゆる意味で想像を超えるでしょ?

日本人として馴染みの大きさの単位「東京ドーム」も載せてみよう。(※ただし、グーグルアースでは緯度の位置によって縮尺が多少違ってしまう。今回の場合約10%程度ほどかな。東京ドームが小さく表示されている。その点はご理解ご了承、そしてご想像を。)


真ん中の白い円形が東京ドーム。やぁ。大なる哉。大なる哉。



ああ、この記事を書いているうちにやはり行きたくなった。明日まで待とう。ストライキ、終了しないかなぁ。。。


そんな感じで地球の反対側にてチリワインで酔っぱらい中。いやぁ、標高2700mもあると気圧のせいかよく酔えるなぁ。




何もそんなに残念がらなくってもって?


男はなぁ。穴があったら入りたくなる生き物なんだよ!



すみません。やっぱりヤケ気味です。


追記 その1

銅の資源寿命が2040年と書いたが、これは現在の銅相場で考えると。の場合である。銅相場が上がるともっと広範囲の銅山から採掘しても利益が上がるので資源寿命はまだ伸びると思われる。また、この先の採掘技術、製錬技術の向上によっても資源寿命は延びると考えられる。

大体天然資源の代表格を引き合いに出すと、昔っから石油は後20年~30年で枯渇すると言われ続けている。が、採掘のコストを度外視すると現在の消費水準でいうと後200年分はまだ地中に眠ってるってーのが定説。

どうぞ盲目なる悲観論に引っ張られませぬよう。


追記 その2

このチュキカマタの銅山の件で調べものしてたら日本語版と英語版では書いていること随分と違うのよね。

例えば、日本語版では世界最大の銅の露天掘りとなっているけど英語版では近年(訂正)米国ミネソタのチリ北部のエスコンディアに抜かれたと書かれている。

あと、出ているトラックの写真が日本語版では1984年の様子。となっているけど英語版だと2007年の様子として紹介されている。どこがどうなったらこの違いが出てくるのか。

チュキカマタ wiki日本語版

チュキカマタ wiki英語版

Blogを書くときはなるべく複数の情報にて事実確認をしてから書くようにしているけど、往々にしてこのような違いが出てくる。で、さらに調べていくと、残念ながらたいていの場合、英語版の方が正確だったりする。

なお、当Blogでは、こういう場合、自分にとって都合のいい情報を選ぶようにしているので悪しからずwww
(こういうのを確信犯と言う。マスコミの常套手段でもある。お気をつけあれ。)

Comment

2009.12.10 Thu 21:55  ある意味

特殊な体験?
イレギュラーなことですよね。
とはいえ残念でしたね。

想像ができないほどの大きさに興味がわきます。
是非、その場に行ってみたくなりますね。
大きなものへのあこがれでしょうか。

貴方様も、♂でいらしたのね。
ヤケ気味なのも、面白いです。

2009.12.10 Thu 23:20  Re: ある意味

コメントありがとうございます。

カラマで空回り。

>
> 貴方様も、♂でいらしたのね。

ハテ?ナンノコトカシラ?
ワタシヘンナコトカイタカシラ?







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kim8.blog15.fc2.com/tb.php/1048-67796ee7

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

お知らせ&ひとり言(twitterより)

 

Profile

kimoto

Author:kimoto

1973年生まれ

友人曰く、曲がりくねりながらに全力疾走しているような生き方だそうです。

最近の記事

カテゴリー

月別の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

リンク追加

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。