点で見ず 線で見る

 気づけば惰性で日々が流されるのです。

2008年6月~2010年3月まで616日間かけて地球一周した時の画像です。今思うに画像に字幕入れておけば良かった。。。画像は横方向にスライドします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の移動について

南米のチリはこんな形をした国である。

chilem.gif
Chile って矢印のところね。

ご覧の通り南北に約4300km、東西に約170kmと細長い。寿司ネタのエンガワを連想させるポジションである。
北部は砂漠地帯。首都のある中部はワインがうまい田園風景。行ったことないが南部は緑と水の自然豊かな地帯らしい。


で、サンティアゴから次の目的地カラマまで約1000km。飛行機だと約2時間、バスだと22時間である。いっそのこと飛んでやろうかと思ったが、この前訪れたブラジルで、飛行機や夜行バスでの移動など陸路の風景をほとんど見なかったのでどうもブラジルに対する記憶や理解が乏しい感があった。その反省として、今回は陸路での移動を選択した。


Chile, 07 Dec 2009
アタカマ砂漠の一風景 コピアポ → カラマ間にて


やはり陸路で都市部以外の田園や砂漠の風景、人々や建築物の様子の変化、空気の匂いの移り変わりを感じつつ、あれこれ思考を巡らながら移動すると、その国への理解の度合いが全然違う気がする。

旅をしているうちに気づいたけど、自分の場合、観光地やイベントをピンポイントで狙って訪れるよりも、その国や地域の何気ない風景を通じて伺えるその背景をいろいろと思い巡らせることが好きようである。

安いから、宿泊費を浮かすために陸路。なのではなく、理解しようとするために陸路。という考え方もあってもよかろう。もっとも、そんな意味ではホントは自分で運転する方が理想なんだけどね。


Chile, 07 Dec 2009
長距離バス 砂漠の中での修理なり


今回の移動は、日中の移動をメインに考えていたんだけど途中バスが故障して予定より大幅に遅れてしまった。で、結局、夜行同然の移動になっちゃったけどね。ま、これもまた旅のスパイスと思おう。。。


Comment

2009.12.10 Thu 00:26  いいなって思います。

なにげない風景
なにげない日常がもつドラマ(背景・歴史など)
そういう事象にふと思いを巡らす。

そういうの、いいですよね。
  • #-
  • うふっ♪♪♪
  • URL
  • Edit

2009.12.10 Thu 23:15  Re: いいなって思います。

ありがとうございます。そうおっしゃって頂けると嬉しいです。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://kim8.blog15.fc2.com/tb.php/1008-33c9ef8f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

お知らせ&ひとり言(twitterより)

 

Profile

kimoto

Author:kimoto

1973年生まれ

友人曰く、曲がりくねりながらに全力疾走しているような生き方だそうです。

最近の記事

カテゴリー

月別の記事

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

RSSフィード

リンク追加

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。